アーカイブ

  • 2021 (105)
  • 2020 (166)
  • 2019 (144)
  • 2018 (159)
  • 2017 (129)
  • 2016 (99)
  • 2015 (85)
  • 2014 (97)
  • 2013 (51)
  • 2012 (24)

月別アーカイブ: 6月 2020

ZOOM寺子屋「一枚の写真会」

本日私がホストとなって昔の写真を味わう会を行いました。参加者各々が自分が選んだ過去の写真を画面に出しながら、その写真にまつわる”想い”を語り合いました。私が扱ったのは小学校5年時の遠足の写真。埼玉の川口市から藤枝市に転校して感じたカルチャーショック、妻のAKIとの出会いをご紹介しました。「くれば」サテライトも含め約10名の方が参加、皆さん各人各様の思い出話が聞けて楽しかったです。
”ZOOM寺子屋”はオンライン居場所のコンテンツをあれこれ考え出し試行する場で、現在様々な試みを展開中です。



昭和39年3月撮影。ほぼ中央にいるのが私、その後ろの白い服の女の子がAKIです。我々が一つの写真におさまった最古の写真で、今思い出すと笑えます(^_^)v
平成18年の年賀状に採用したもの。当時富士フイルムのCM「一枚の写真シリーズ」で採用されたキャッチコピーを使わせていただきました。写真の価値を感じます。
皆さんそれぞれの想いの詰まった写真を拝見出来る機会は貴重でした。画面共有してじっくり見られるZOOMの価値を感じました。

【投稿:原田】


ZOOM寺子屋「健康サロン」

本日参加者全員で健康談議。皆さん何らかの病気体験を乗り越えてきていることが分かりびっくりしました。お互いに健康維持のために心がけていることを話し合いました。

【投稿:原田】


ZOOM寺子屋「絵本鑑賞会」

本日私がホストとなって絵本の鑑賞会を行いました。前半は私が絵本「ライフ」の読み聞かせ、後半は参加者同士で感想や絵本の価値を話し会う会としました。「くれば」サテライトも含め約10名の方が参加。大人になってから絵本など読んだことが無いという方もいて、様々な視点から意見が出て楽しかったです。


【投稿:原田】


ZOOM寺子屋「屋根の無い博物館」

静岡に移住された方に「静岡をもっと知りたい」というニーズがあることが分かり、それに応えるイベントとして実施しました。

【投稿:原田】


ZOOM企画準備会(6)

本日はリアルな居場所とオンライン居場所の長所を活かして共存させる方法についてあれこれ意見が出されました。三密を避けるためにはリアル居場所の人数制限が必要です。しかし居場所活動を続けてきた者にとって一番嬉しくやりがいを感じるのは人が多く集まってくれること。事前予約により参加者制限する案もでましたが、なかなか辛いものがあります。

【投稿:原田】


ZOOM飲み会

リアルな居場所「くれば」で行って来た「事業企画会議」と持ち寄りパーティーのウェブ版を試行しました。

【投稿:原田】


ZOOMミーティングあれこれ

午前中はリアルな居場所で定期的に開催してきた「自治会研究会」を初めてZOOMミーティングにて実施しました。普段は参加できない方が加わってご自身の知見を提供してくださったり、サテライト参加の方との交流が進んだり。オンラインミーティングの価値を実感。
午後からは団創生え抜きのOBに集まっていただき、現在検討中のNPO法人化10周年事業の準備会を行いました。過去の出来事を振り返りながら想い出を語り、意味づけが出来ました。
夜はZOOM寺子屋の試行会。朗読と川柳を楽しみました。川柳に関しては日頃関心のない方も参加して作り、先生役のHさんからお褒めの言葉をいただき盛り上がりました。



【投稿:原田】


ZOOM企画準備会(5)

現在試行しているZOOMを使ったイベントの名称を「ZOOM寺子屋」と呼ぶことになりました。江戸時代の町民文化から何か学べないか、そんな気持ちもあります。今後やってみたいことの日程調整を行いお開きとなりました。

【投稿:原田】


くれば座ZOOM定例会

オンラインで寸劇ができないものか、本日はその方法をあれこれ試行しました。出演者がZOOMビデオの「仮想背景」として、くれば座の公演で使用する「投影写真」を使ってみましたが、クロマキー効果を生かすには背景に緑か青の単色を使わないと難しいと分りました。
また会話を交わす者同士で互いに視線をおくるためにはその方向を見たいところですが、ギャラリービューで配置される顔の位置が変化してしまいこれは難題。というわけで我々の挑戦は続きます♪

【投稿:原田】


ZOOMミニセミナー「動画編集」

会員のOさんがキャストを務めてくださり、動画の編集方法をオンラインで学びました。
Youtube等で動画が当たり前のように公開されている現在、個人的に撮影した動画の編集がどんどん簡単になり、誰でも編集してアップできることが分りました。会としても有効に活用していきたいです。

【投稿:原田】