未分類

麻機遊水池ウォーキング

久しぶりにくればウォーキングを楽しみました。好天の元、麻機小学校までバスで移動。整備が進む「あさはた緑地・第1工区」、第4工区をのんびり散策。流通センター内で昼食を済ませ、最後に第3工区にも立ち寄りました。仲間と共に歩けることに感謝です。



【投稿:原田】


「いきがい・助け合いサミットin大阪」二日目

生きがい・助け合いサミットの2日目も様々なテーマで興味深いお話が聞けました。どのようにしたら定年後男性に社会参加してもらえるか。ヒントが得られたので今後の活動に生かしていきたいです。



【投稿:原田】


「いきがい・助け合いサミットin大阪」一日目

いきがい・助け合いサミットin大阪に参加。日本中から3000人以上が集まり盛り上がっていました。ドキドキワクワク



【投稿:原田】


地域デザインカレッジ

静岡市が毎年、地域で活躍できる人材を育成するために開講しているデザインカレッジの修了発表会に参加しました。

若い世代の方の「プロジェクトコース」、熟年世代の方の「コミュニティーコース」の2部門それぞれの発表と表彰がありました。

大半は「少子高齢化・人口減少」の中で自治会等の活動をどのように盛り上げていくかの問題を扱っていました。講師の川北氏の「自治会は行事を行っている時代ではない」、「現状の調査がまず必要である」、等の指摘が印象に残りました。

終了後、参加していた静岡団塊創業塾の会員さんが集まって感想会を開きました。それぞれの立場から様々な感想が出て良かったです。行政が行うこの発表会のような場で、様々な考え方が聞け、仲間で議論できるありがたい環境を得ているとつくづく思いました。

【投稿:原田】


CSRサミット

午後からBnestで開催された標記イベントに参加しました。


静岡市で昨年度から始まった表彰制度で、今回は8つの会社が表彰されました。世の中の関心は高まっている!


後半はいくつかのセッションに分かれてのパネルディスカッション、今まで知らなかった各種情報を聞けて参考になりました。

今後NPO法人静岡団塊創業塾として、どんな企業とお付き合いしていくか。CSRの観点がどこかで必ず必要となると思いました。

【投稿:原田】


紅葉ハイキング

静岡団塊創業塾主催の標記イベントがあり楽しみました。

梅ヶ島地区にてハイキング、紅葉はいまいちでしたが安倍川の源流から歩きながら自然の空気を胸いっぱい吸ってきました。


終了後は温泉組とヤマメ釣り組に分かれました。釣り堀でのヤマメ釣りは初めての体験でしたが、釣果を味わえ満足でした。

黄金の湯にて入浴してさっぱりしてから帰路につきました。

オクシズの自然を味わい、会員有志の方と童心に帰って気持ちよく歩き語り楽しめ、思い出に残る秋の一日となりました。

【投稿:原田】


立教大学学生視察

昨年に引き続き、今年も立教大学社会学科の学生さんが視察に来られました。講師のNさんが引率する男子学生2名、女子学生6名の8名の若者のエネルギーで「くれば」は満ちました。

前半30分は私がパワポを使って「くれば」の紹介、後半30分は各自の感想を聞きながら質問に答える時間でした。若者の素朴な感想や意見が聞けてとても参考になりました。異世代との交流は刺激的で今後も機会を作っていきたいです。

最後に「くれば」の入り口で記念撮影しました。

【投稿:原田】


社会参加促進フェア(御殿場)

県主催事業の第三弾は御殿場市の「ふじざくら」で開催されました。


今回もステージでの活動紹介の機会をいただき、O理事と二人で説明しました。タイトルは「男性の居場所”くれば”」、シニアは女性に比べて男性は社会参加にうとく、なかなか自分の居場所を見つけられない。そこで「くれば」での独自の活動を紹介しました。

ブース出展でも多くの方に資料を配布しながら説明しました。

御殿場市のB級グルメ「みくりやそば」の試食もさせていただきました。

【投稿:原田】


社会参加促進フェア(磐田)

静岡県のシニア啓発事業、第二弾は磐田市の「ワークピア磐田」で開催され、理事三名で参加しました。


今回はステージでの活動紹介の機会をいただき、静岡団塊創業塾の活動の一部を紹介しました。


展示ブースには多くの方が立ち寄られ、楽しく対応できました。想像もしなかった方との出会いもあり、このような場を与えていただいたことに感謝。今後の進展が楽しみです。

【投稿:原田】


社会参加促進フェア(袋井)

静岡県長寿政策課が推進する「壮年熟期が活躍するいきいき長寿社会づくり事業」の標記イベントが袋井市のメロープラザで開催されブース出展しました。


理事のUさんと二人で静岡団塊創業塾のパンフレットや「くれば」のスケジュール表を配布。


ステージでは各種社会参加の事例発表が行われ、様々な活動を展開する仲間達の存在を感じました。

【投稿:原田】