アーカイブ
  • 2020 (166)
  • 2019 (144)
  • 2018 (159)
  • 2017 (129)
  • 2016 (99)
  • 2015 (85)
  • 2014 (97)
  • 2013 (51)
  • 2012 (24)

独身シニアの急死

親戚の独身64才男性が、急死した。

死後半日たって発見され、死因は肺炎。

彼は独身、一人っ子で、両親も亡くなっている。

それ程親交がないが、彼と数ヶ月前に話しをした。

身寄りもなく、警察から彼の連絡簿を見て電話が来た。

驚きの中、遺体の本人確認をした。

深夜に面識のない母方の親戚に連絡を取る。

納骨のみ実施するか悩んだが、彼は社会活動を頑張っており、地域のみなさんと見送ってあげることになった。

親族4名で、経費負担覚悟の上、葬儀を実施。

後日調べたら、独身、子供がいない、兄弟がいない、両親が亡くなっている時の法定相続人はいない。

遺言がなければ、彼の資産は国家の物。

64歳では、まだまだ自分の死を考えれない。

孤独死の調査によると(ニッセイ基礎研究所)

最も発生確率の高い 65-69歳男性でみれば、死者 100 人のうち 8.36 人が死後2日以上、5.69 人が死後4日以上、3.90 人が死後8日以上経過して発見されるという実態がある。

http://www.nli-research.co.jp/report/gerontology_journal/2011/gero11_014.pdf

65歳から74歳までの男性の孤独死が多い!

高齢化、無縁化がすすむ社会で、孤独死が問題になっている。

終活は、知人に迷惑をかけぬ、最後の人生幕引きの準備だ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%82%E6%B4%BB

なっちゃんパパ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">