アーカイブ

  • 2017 (82)
  • 2016 (99)
  • 2015 (85)
  • 2014 (97)
  • 2013 (51)
  • 2012 (24)

月別アーカイブ: 10月 2013

1 / 3123

第4回男の居場所

9月30日 男の居場所を開催した。

両替町にシニアライフ支援センターの開設計画について話し合った。

平日は会員による日替わり店舗、セミナーを計画している。
今までは、セミナー中心の活動であったが、ここでは住人、通行人が立ち寄れる居場所作りを目指したい。

一緒に会食して、小さなセミナーで学び、趣味の物を作り、作品を販売し、一緒に遊べる場を作りたい。

会員の中から、終活について学べる場にしたい。

介護している方にマッサージを教えたい。
一緒に映画を見たら・・・・

など、色々な意見がでた。
地域社会が無縁化 する中、特に高齢単身男性の孤立化がひどい。

厚生省調査では、高齢単身男性で2週間に一度しか人と話さない方が16.7%いるという。

ここに来れば、一人でないことを実感できる居場所にしたい。

【投稿:なっちゃんパパ】

 


居場所づくり実践者研修会

静岡県社協さんの主催する研修会に理事4人で参加しました。

県立大学の藤本先生、東野先生のお話を聞きました。日本全体で居場所を失いがちな人が増えていることを知り頑張らねばと思いました。

昼食をはさんで午後は実際に居場所を作り運営されているお二人の方の発表、二つのグループに分かれてのディスカッションでした。今後二回の現地視察を経て来年1月末の4回目まで研修は続きます。来年3月に「シニアライフ支援センター」という居場所をオープンさせるタイミングで非常に有益な勉強ができました。

【投稿:ドキターKAZ】


静岡ビジネスレポートに掲載

9月21日に開催した「第1回熟年セミナー」が静岡ビジネスレポートに掲載されました。

今回の開催の意図と今後の我々の意気込みもレポートしていただきました。

詳細はこちら→熟年セミナー

【投稿:ドキターKAZ】


SOHOしずおか共催セミナー(第1回)報告

大勢の参加者の前にいるのは・・・

本日の講師 岡本憲之氏とインタイビュアー「団塊」の理事長KAZさんです
~「ナノコーポ」と呼ばれるプチ起業の事例から~

高齢者の活躍領域として

「競争的労働市場」・・・高度な技術を活かせる
「補完的労働市場」・・・ピーク時にOBが支援(コミュニティー事業として)

「地域との共生・・・シニアの活躍できる場
「有償ボランテイィア」・・・最低賃金であっても(責任=張り)がある
「無償ボランティア」・・・無償だとわがままが出て無責任になる事も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場からの質問「田舎(農業)のビジネスの事例は?」に対し「正直成功事例は中々ありません」との事。少ない中での具体例聞きたかった~

 

SOHOのマネージャー黒田さん、KAZさんから急に振られても爽やかに反応、来月もお世話になります♪

 

 

 

 

 

 

 


【投稿:山ちゃん】

 

 

 

 

 


共催イベント(H25.11.22)のお知らせ

  • タイトル:シニア起業に最適なNPOビジネスとは~元気なシニア世代の参画が社会を変える~
  • 開催日:平成25年11月22日(金)18:30~20:00
  • 場所:静岡市産学交流センター6階 プレゼンテーションルーム
  • 定員:60名(先着順)
  • 参加費:無料
  • 申込み方法:件名に「11/22セミナー参加希望」と記入の上FAXまたはEmailにてお申込み下さい
  • 問い合せ先:SOHOしずおか。電話=054-635-8800、FAX=054-635-8801、Email=seminar@soho-shizuoka.gr.jp
  • 主催:SOHOしずおか、NPO法人静岡団塊創業塾
  • 共催:Bnest静岡市産学交流センター
  • チラシ:http://soho-shizuoka.gr.jp/wp-content/uploads/2013/10/20131122_dankai.pdf

【ドキターKAZ】


1 / 3123