アーカイブ

  • 2018 (146)
  • 2017 (129)
  • 2016 (99)
  • 2015 (85)
  • 2014 (97)
  • 2013 (51)
  • 2012 (24)

第4回 団塊サミット 報告

120908 団塊サミット 基調講演 講師:松本すみ子氏 の様子

 

『第4回 団塊サミット』の報告です。
◆ 内容:基調講演&未来会議 松本すみ子氏
「地域デビュー指南術~再び輝く団塊シニア」著者

◆会場:パルシェ7階会議室

◆参加者:80名(取材の方 4名を含め)

◆韓国の国営放送KBSのテレビ取材がありました。

まず
シニア世代がどのように社会に係わっていくか?
現在の環境や、考え方、期待 等のお話があった。
<印象に残った言葉>
・活動していれば次が生まれる。
・やったもん勝ち!
・8掛け年齢(例えば 64歳の方は×0.8=“51歳”という気持ちで・・・)
変化するシニア
・今日のごはん 明日の夢
・年金兼業生活のすすめ

次に
コミュニティビジネスの実例の紹介 :時間が少なくなり残念!
・ボランティアから始まる。
出前歌声喫茶
・個人でやりたいことを仕事にした。
介護タクシー
・NPOとして 市民基金(1口 1,000円で270万円を集めた)
酒蔵で映画館!
・事業に!
調布アイランド:調布飛行場を活用し伊豆諸島の物産品直売

団塊サミット ワークショップのグループ別の発表風景

後半は6人ずつのグループに分かれてのワークショップ。
お題は「わたしのやりたいこと」。最後にディスカッション内容のプレゼンとその講評、
講師の松本さんに的を射たアドバイスをいただき一同納得。引き締まった場になりました。

団塊サミット 講師にお礼の金メダルを受け取っていただきました。

講師の松本さんにお礼の金メダルを受け取っていただきました!

 

団塊サミット 懇親会の1コマです。

終了後は有志による懇親会。こちらも終始楽しい雰囲気の中、意見交換が進みました。

 

(投稿:団塊ドリーマー)


「出会い塾」(掛川市)にて 団塊サミット紹介

「団塊サミット」紹介の様子

8月19日(日)に「出会い塾」(掛川市)の会場 ”たまり-な” に伺い
9月8日の団塊サミットの紹介をさせていただきました。

その後 約1時間半、塾を見学させていただきました。
「出会い塾」を見学させていただきました。

この日はまず「先輩の実践事例紹介」から。

「出会い塾」は、シニアの皆さんが活き活きしたアクティブなシニアライフを
送っていただくための 仲間づくり・自分さがしの「出会い塾」を開催していま
す。  (主催:NPO法人掛川シニア交流研究会)

1回/月の講座を1年間。12回に参加し 卒業するころにはこれから自分が仲間
と何をするのかを見つける というプログラムです。
第6回が この日でした。

「時の寿の森クラブ」 「WAKUWAKU西郷」の2つの先輩活動事例を伺ったの
ですが、素晴らしかった!
◆森林が荒れるのをいかにして対策していくか!
◆古紙回収収益金で小学校にソーラー発電施設を!

私の今後の活動にヒントをもらえたような気がしました。

ありがとうございました。

 

(投稿:団塊ドリーマー)

 


あなたは、いつまで元気で遊べる?

厚労省によると、生活に制限のない「健康寿命」は女性が73.6歳、男性は70.4歳。

「あなたの現在の健康状態はいかがですか」に対する「よい」、「まあよい」または「ふつう」の回答を自分で健康であると自覚していると定めている。

私は、現在62歳だから、あと8.4年しかない。
意外と短い!
元気で働き、元気に遊ぶことができるのは、あと8年だ。
大事にしなくては。。。

朗報がある。
静岡の女性は、全国1位で75.32歳、男性は2位で71.68歳だ。
元気なおばさんが一番多い県なのだ!

なっちゃんパパ


これも磨き塾

これも磨き塾③  森林間伐「きらめ樹」

日本の林業の実情を、身を持って体験できた貴重な一日でした。 50年も生きてきた木の皮を簡単に剥がすことで、水分でしっとりと濡れたつるつるとした木肌があらわれた時には、 感動ものでした。

他の木を立派に育てるために、不要な木を時間をかけて枯らすことで、元気な森に変えていく。

ぽとんさんの熱のこもった説明も説得力があり、生き物の命について考えさせられました。

会場を提供してくださった会員のnattyさんにも感謝です。

手入れができずに細い木が密集して、暗くなっているような森をなんとかしたい・・・ そんな、情報をお持ちの方はぜひ、ご連絡ください。 作業会場があれば、多くの方に体験していただけると思います。

本日の様子、詳しくはこの方のブログをご覧ください。

 

これも磨き塾② 体験農業「もろこし村」

耕作放棄地の活用を試行錯誤している会員さんの、 とうもろこしの栽培と収穫を楽しむ会も今年で3回目。

団塊創業塾の仲間が、参加します。 今年は新たな取り組みのハマナス(ハーブ)栽培の様子もお披露目でした。

会員のチャレンジする姿には応援をしたくなります。

 

これも磨き塾① 里山保全「筍取り」

輝業塾の受講生から入会してくださった女性会員の「かぐやひめ」さん、 放置竹林の整備を仲間と続けてきている方です。 同じく、「男の居場所つくり」を求めて活動をしている新会員の「マッチョさん」と意気投合して、 彼の仲間と団塊創業塾の理事も加わって、体験会に参加しました。

竹を切る人、筍を掘る人、運ぶ人、切り出した竹で鍋や食器を作る人・・・

作った鍋で炊いた筍ご飯はとても美味しく、竹の食器作りも楽しく、 おみやげの筍は柔らかくて、いろいろ調理して好評でした。

来年はどんな企画にしましょうか?

 


H24.8月定例理事会

8月の定例理事会が本日開催されました。

完成したばかりのHPの説明を受けたのち、来月にせまった我々が主催するイベント「団塊サミット」について議論。時間が足りず、スカイプ会議に持ち越しとなりました。

(文責:原田)

北楯氏の開設

HPの説明を受ける