アーカイブ

  • 2019 (42)
  • 2018 (159)
  • 2017 (129)
  • 2016 (99)
  • 2015 (85)
  • 2014 (97)
  • 2013 (51)
  • 2012 (24)

団塊サミット

4 / 5« 先頭...345

ビジネスレポート掲載

静岡ビジネスレポート誌に「第6回団塊サミット」の記事が掲載されました。

(写真をクリックすると記事内容が読めます)

【投稿:ドキターKAZ】


第6回団塊サミット「自分の強みを見つけて 明日を変える」報告

理事長の挨拶

 

去る1月11日(土)「団塊サミット」が盛況の内に終わりました。

会員約30名、一般参加者約30名、計60名の方にお集まりいただき盛況でした。

 

こんなに大勢の方が集まりました

 

講義の様子

米国のGALLUPという会社で開発された「ストレングスファインダー」というツールがあります。過去の膨大なデータを分析すると何千という「強み」があるのだそうですが、これをまとめると34個に分類されるとのこと。このツールを使うと個々の強みを見つけ出せる。本日はその強みの内容や活かし方に関するセミナーでした。

 

ワークの様子

自分の強みを見つけて活かす方法を教えていただきました。

 

 

休憩時にはコーヒーも・・・

休憩時は美味しいコーヒーも・・・

静岡新聞より

 

【投稿:団塊ドリーマー】

 


第6回団塊サミット(H26.1.11)のお知らせ

  • タイトル:自分の強みを見つけて、明日を変える
  • 開催日:平成26年1月11日(土)13:00~17:00
  • 場所:静岡県勤労者総合会館3階 ALWFロッキーセンター
  • 定員:80名(先着順)
  • 参加費:無料
  • 申込み方法:チラシフォーマットを使用しFAXまたはEmailにてお申込み下さい
  • 問い合せ先:NPO法人静岡団塊創業塾。電話=090-2264-1975(担当=原田)、FAX=050-3488-8043、Email=welcome@dankai.org
  • 主催:NPO法人静岡団塊創業塾
  • 後援:静岡市、SBS・静岡新聞社、SOHOしずおか
  • チラシ:第6回サミットチラシ

【投稿:ドキターKAZ】


第5回 団塊サミット 記事

静岡ビジネスレポートに記事が掲載されました。

桧森隆一氏の講演内容について、「地域社会の公共を担うことが、これからの私たちシニア世代の役割」と強調されたと締め括られています。我々一人ひとりに何ができるのか、しっかり考え行動に移したいと思います。(原田記)


第5回 団塊サミット 報告

『第5回 団塊サミット』 の報告です。

◆ 内容:よし、やるぞ! わたしが創るシニアの未来

~ みつけよう! 話そう! 始めよう ~

◆ 会場:静岡市産学交流センター「ビネスト」6階

◆ 参加者:42名

◆ 基調講演 桧森 隆一 嘉悦大学副学長 桧森隆一の団塊ブログ

1.自己紹介

2.団塊世代の実像

定年退職後の就労意向の有無 正社員(もしくは非正社員)としてフルタイムで働きたい ・・・46.8%

3.シニアにとってのこれからの課題

やりがいとは、責任があり、人に喜ばれること。報酬は今さら金銭よりも感謝、賞賛。

4.地域で活躍する先輩に学ぶ

まだまだ余力のあるシニアが、一肌脱いで地域社会の公共を担おう。

5.地域社会に貢献する仕事へのアプローチ

お父さんお帰りなさいパーティー=おとぱ 吉永鴻一さん

定年退職者と市民活動団体のマッチングの場

シニアによるコミュニティビジネス 堀池喜一郎さん

1.高齢期を地域で生きる重要さを理解
2.地域人への変身の楽しさと覚悟
3.地域は多様な人がいる。共生が必要。
(会社のやりかたではだめ)
4.ゆるいネットワークを意識して交流
5.地域で発信し、コミュニティで始める
6.一度無償にすると有償にできない
7.役所の付き合いは個人との信頼関係
8.シニアの地域信頼は3ガイ主義で
(生きがい、やりがい、ナイスガイ)
9.自分流のICTでナイスガイ発信
10.地域では3種の人の組み合わせを上手く
(プロデューサー、プレイヤー、サポーター)

◆ 自分の役割ワークシート

◆ 懇親会

皆さんたいへん満足して帰られました。


4 / 5« 先頭...345